リコー初のガーメントプリンター「RICOH Ri 100」を使ってみた

リコーから発売されたガーメントプリンターを使ってみました。

感想は「画質はそこそこだけど、作業時間がかかりすぎる」と感じました。

作業手順は

1.印刷データをパソコンのソフト取り込む

2.Tシャツの印刷位置にマーキング。フリクションペンを使っていた。

3.印刷用カセットにTシャツをセット

4.シワ延ばしプレス30秒

5.Tシャツに印刷開始

6.印刷後は仕上げプレスを3分して完成

ワンオペで作業したとして、1時間にA4を6面程度の生産効率との話でした。
8時間作業しても48面・・・生産枚数が少ないため、印刷専門の業者が導入するにはキビシイですね。

プリンターとプレス機の合計が40万円未満と手頃なので、写真店や洋服屋などが導入して
「簡易印刷サービスを売りにする」
といったビジネスモデルにはには向いているでしょう。

RICOH Ri 100のポイントをざっくり書くと

●印刷はA4サイズが最大

●1面の印刷工程は10分程度

●シワ延ばしプレス30秒、仕上げプレスは3分

●印刷可能な生地の厚さは4mm以下。Tシャツや薄手のエコバック、パイル地の薄手のトレーナーに印刷可能。

●パーカーはフードがあるため、印刷用カセットに設置できない可能性がある。

●綿100%、混合綿50%以上に印刷可能。

●標準の印刷モードではコントラストは弱め。若干コントラストを上げて印刷するとちょうどいい。

●濃色生地には印刷不可。※印刷は出来ても色が沈んでしまう。


Tシャツにラバダ・ダイカラー・アクリルガッシュで印刷してみた

Tシャツに3種類のインクを使って印刷してみました。

1.ダイカラー

2.ラバダ

3.ダイソーのアクリルガッシュ+シルクスクリーンメディウム

を使用しました。

まずは簡易製版を用意。

1枚に対して複数回刷るので、版の位置を細かく決めます。

インクごとに刷っては乾かし、版を洗う。
そんな工程を繰り返しました。

白いTシャツに印刷してみた

一番上がダイカラー
真ん中がラバダ
一番下がアクリルガッシュ

で印刷しました。

ダイカラーは吸い込むタイプのインクなので、生地になじみます。
薄い色のTシャツには向いています。

ラバダはラバーインクなので、若干厚みが出ます。

アクリルガッシュも厚みが出ます。

黒いTシャツに印刷してみた

上がラバダ

下がアクリルガッシュです。

ラバダはラバーインクなので、濃色でも綺麗に発色します。

アクリルガッシュは吸い込んでしまい、グレーになってしまいます。
少し厚くインクを乗せすぎたせいで、にじんでしまいました・・・。

ダイカラーでも同様に吸い込んでしまうので、こちらは試していません。

ダイカラーで印刷した感想

薄い色のTシャツに濃い色で印刷する場合に向いていますね。
インクもさらっとしていて扱いやすいです。

インクが生地に馴染むので、仕上がりも綺麗です。

ラバダで印刷した感想

ラバーインクなので濃色生地に印刷する場合に向いています。
多色刷りする時もこのインクを使用します。

ラバーインクの仕上がりも柔らかい質感なので、僕は好みです。

アクリルガッシュ+シルクスクリーンメディウムで印刷した感想

アクリルガッシュを使う場合は、シルクスクリーンメディウムを混ぜて使用します。

アクリルガッシュは簡易用ですね。
仕上がりも固めなのでインクも割れやすいし、何度も洗うとインクの上に毛が付きました。

イベントでTシャツを1日しか着ないような場合には向いているでしょう。


簡易スクリーン製版を使ってTシャツに印刷してみた

今回は簡易スクリーン製版を使って、実際に印刷してみます。

板にスプレーのりを吹き付け、Tシャツの印刷する部分を平らに整えます。

インクを容器に取り出して、かき混ぜてインクをなじませます。

作成したスクリーンの版にインクを乗せて、一気にヘラでしごきます。
写真のウェアの色はネイビーですが、作業風景の撮影のために使っただけなので気にしないでください(笑)

実際はライトブルーのTシャツに印刷しました。
刷った後は、ドライヤーで30秒程度乾燥させて、仕上げは50秒程度アイロンプレスをして完全にインクを定着させます。
ラバダのインクは自然乾燥のみでも大丈夫らしいですが、アイロンプレスでしっかり定着させたいので、僕はプレスもしています。

※乾燥時間はインクの種類によって異なります。

写真ではインクが反射してインク抜けのようになっていますが、実際は綺麗に印刷できています。
仕上がりはばっちりです。

印刷が終わった後は、丁寧に水洗いします。
これが水性の良いところですね。
洗った後はしっかり乾燥させて、作業は終了です。


ラバーシートを使った簡易シルクスクリーン製版

ウェア印刷用のラバーシートを使った簡易スクリーン製版をご紹介。
近年ラバーシートは“数秒の低温プレス”で張り付くようになったので、簡易シルクスクリーンも作りやすくなりました。

100円ショップで売られているフォトフレームやコルクボードの木枠を使います。

スクリーンメッシュにテンションをかけながら、丁寧に張り上げます。

タッカーで固定します。
接着剤でも固定できますが、簡易製版なのでタッカーを使います。

ホチキスを使ったりもしたので、仕上がりは雑になってしまいました(笑)
テンションはしっかりかかっています。

反転カットしたラバーシートを作成します。
手切りでもできますが、製品レベルを作成する場合はカッティングプロッターは必須です。

マスキングテープを使って位置決めします。

クッキングペーパーを使ってプレス作業。

本来は下からプレスしたいところですが、僕の環境の問題で上からプレス。

低温で5秒ほどプレスすると張り付きます。
透明シートをはがして、上から抑えるように軽く仕上げプレスをします。

ラバーシートがスクリーンメッシュにしっかり張り付きました。

メッシュだけの部分に養生テープを張っていきます。
本来は防水テープを使ったほうがよいかもしれません。
僕はコストの問題で養生テープを使用しました。

裏から見たところ。
養生テープをしっかり張り付けたら完成です。

カッティングシートを使った場合

カッティングシートを簡易製版に用いた場合、簡単にはがれてしまいます。
失敗する確率も高いですし、たくさん刷るには向かないでしょう。


スポンサーリンク